インナードライとは

インナードライとは?

 

インナードライとは、肌表面はしっとりして見えるのに、肌の内側が乾燥している状態のことです。

 

 

夏は、エアコンや紫外線などで肌が乾燥しても汗や湿気で、ついつい肌が潤っているつもりになりがち。

 

 

だから、必要なスキンケアをせずインナードライが進み、急な肌トラブルに襲われる人が多いんです。

 

 

インナードライが招く、緊急肌トラブル

 

◆ 美白ケアしてるのに!シミが一気に増えた!

 

 →インナードライによってターンオーバーが乱れるとうまくメラニンが排出されずに、肌内部に留まってしまい、あるとき急に、シミとなって肌表面に現れます。

 

 

◆ 増えてる!悪化してる!憎きニキビ復活

 

 →インナードライは、ニキビの原因となる「過剰な皮脂」の分泌を促進させます。せっかく治りかけたニキビが復活したり、ニキビが悪化しやすくなります。

 

 

◆ うわっ毛穴が目立ってる。肌もゴワゴワ・・・

 

 →インナードライによって、肌がスカスカになると「キメ」が乱れ、毛穴の開きが、より一層目立ってきます。
  放っておくと毛穴の黒ずみ、ゴワつきに進行します。

 

 

◆ えっっ?このシワ、昨日は無かったよね・・・

 

 →インナードライで肌がしぼむと、ピンっとしたハリが失われ、今まで無かったはずのシワやたるみが出現。
  夏の間に、一気に+5歳老けた顔に変わります。

 

 

インナードライによる肌トラブルの解決法

 

インナードライによる肌トラブルが起きてしまったら、「トラブル鎮静化」と「保湿ケア」を同時に行うことが大切です。

 

 

ビーグレンのお悩み解決セットは4ステップで、

 

 ・できてしまった肌トラブルに対して、攻めるケア

 

 ・うるおった健やかな肌をつくる、育むケア

 

 

を同時に行うことが可能。